アメコミ読書録

読んだアメコミの感想等徒然に

祝DCユニバースリバース発売! Superman:the Final Days of Superman

ついにDCリバースユニバースの邦訳本が発売されましたね!

f:id:melkr17:20170801135758j:image 

【最新刊】DCユニバース:リバース | ShoProBooks

 

 ところでこの話はNew52のスーパーマンの死から始まるのですが、スーパーマンの死について書かれた話、Superman:the Final Days of Supermanの邦訳が現状予定されていないので、スーパーマン関係でリバースに繋がりそうな重要な部分についてご紹介したいと思います。

f:id:melkr17:20170801140737j:image

 SUPERMAN: THE FINAL DAYS OF SUPERMAN | DC

 

●ラナとの約束

    自分の死を悟ったクラークはまずラナ・ラングを訪ね約束を取り付けます。

    それは自分の死後、スモールヴィル墓地に眠る育ての親、ケント夫妻の墓の隣に自分も埋めて欲しいという願い。

    同じスモールヴィルで育ち、今もスモールヴィルで暮らす旧友のラナにクラークは自分の死後を託したのでした。

     f:id:melkr17:20170802023834j:image

 

孤独の要塞

     孤独の要塞の新たな主人にスーパーガールを選んだクラークはバットマンの協力の下カーラと再会、孤独の要塞のマスターキーを譲渡します。

    この北極にある孤独の要塞にはクラークの産みと育ての両親4人の像があり、カーラのために新たに自分の記録映像(?おそらくクリプトンのデータベースの案内役として)を残しています。

f:id:melkr17:20170802025453j:image f:id:melkr17:20170802025041j:image

 

フラッシュポイント前のクラークとの会合

    フラッシュポイントというイベントで新しくなった今の世界(プライムアース)には実はフラッシュポイントの前にあった世界から来たスーパーマン一家が10年程住んでいます。

    バットマンにだけは存在がわかるように注意を払いつつ田舎暮らしの傍ら密かにヒーロー活動をしていたクラーク・ホワイト(この世界のクラークのためケントと名乗れず偽名)とその妻ロイス・ホワイト、息子の・ジョナサン・ホワイトがついにこの世界のロイス・レーンに存在がバレてしまいます。

     さらにスーパーマンバットマンワンダーウーマン、スーパーガール、ロイス・レーン、ラナ、スチールに初めて会ったクラーク・ホワイトは彼らと共にこの世界のスーパーマンを看取ることになります。

f:id:melkr17:20170802031942j:image

    またスーパーマンの死の一件でホワイト家は破壊され、DCユニバースリバース以降ハミルトンへ引っ越します。その際に苗字も変え、以後は姓をスミスと名乗っています。

     ちなみにこちらのスーパーマンコロラドの山中に孤独の要塞を持っています。

f:id:melkr17:20170802032447j:image

 

●4つの赤い光と死体

    スーパーマンは死ぬ際に四方に赤い光を放ちました。

f:id:melkr17:20170802032815j:image

    そのうち2つはロイス・レーンとラナにあたり、残り2つは何処かへと行ってしまいます。

    また遺体は塵になってしまいました。

f:id:melkr17:20170802032944j:image

    スーパーマンの死と彼の功績はロイス・レーンによって新聞記事で報じられています。

 

    他にも新たなキャラクター、ケナン・コンを主人公に迎えるNew Super-man誌に続く、中国へトリニティが行く話や自分をスーパーマンだと思ってしまった男との戦いなどスーパーマンが死ぬまでを描いた、公式にDCユニバースリバースの前日譚、Road to RebirthとされるSuperman: the Final Days of Supermanを読めば今後刊行されるリバース期がより楽しめます!

f:id:melkr17:20170802034758j:image

 NEW SUPER-MAN VOL. 1: MADE IN CHINA | DC

 

 

    

 

 

スーパーボーイ/ジョンを追いかけよう!出番ありTPBまとめ

個人的にやっと買いたかったリバースのシリーズのTPB1巻を少し買い揃えられたのもありまして、スーパーサンズを読んで気になった!他何誌に出てるの?という方向けにジョンについて現状出てるシリーズのまとめです。

※6/8 スーパーマン ザ ファイナル デイズ オブ スーパーマンとDCリバースホリディスペシャル、JLに最新登場情報追記しました。

 

f:id:melkr17:20170528122659j:image

確認として今回対象とするのはスーパーボーイことジョナサン・サミュエル・ケントです。同じくスーパーボーイのジョナサン・レーン・ケントやコナー・ケント(コン・エル)は対象にしません。かつ確実に同一個人だと思われるもののみ扱います。あしからず。

 

・コンバージェンス:フラッシュポイント ブック1

f:id:melkr17:20170527004841j:image

CONVERGENCE: FLASHPOINT BOOK ONE | DC

この短編集の中のスーパーマンの2話分(正確には2話目のみ)に登場。ジョンがどう産まれたのか、という経緯の話。ジョンの来歴が気になる方にはおすすめ。

 

・スーパーマン:ロイス&クラーク

f:id:melkr17:20170527005412j:image

SUPERMAN: LOIS AND CLARK | DC 

TPB全1巻。違うアースから来たクラークとロイスがどうやってジョンを10年間育ててきたのかの話。N52のヒーロー達にバレないようにホワイト姓を名乗りコソコソ隠れてスーパーマンを続けるクラークと売れっ子小説家『アーサーX』として家計を支えるロイス、田舎でのびのびと育ったジョンが両親の秘密に巻き込まれながらその力に目覚めていく。

あのヴィランやこのヴィランも登場した上彼が意味深に持ってるあのアイテムも登場と現行のアクションコミックス内のイベント『リベンジ』に関係が深い。読んでおくと今後の展開によっては『リベンジ』がわかりやすいのか?

 

6/8追記

・スーパーマン ザ ファイナル デイズ オブ スーパーマン

f:id:melkr17:20170608210250j:image

SUPERMAN: THE FINAL DAYS OF SUPERMAN | DC

 6話(アクションコミックス52話)と7話(スーパーマン/ワンダーウーマン29話)に登場。

料理をするジョン、孤独の要塞にはしゃぐジョンなどがみれる。

ロイクラからいた犬のレンジャーに加え猫のゴールディが初登場。

結果、家がかなり壊れてハミルトンへの引っ越しを余儀なくされる。

 

〜〜ここからリバース後、各誌の時系列不明〜〜

 

・DC ユニバース:リバース

f:id:melkr17:20170527011053j:image

DC UNIVERSE: REBIRTH #1 | DC

リバースの始まり。N52スーパーマンの葬式のテレビ放送を見ていたり少しだけ登場。

 

・アクションコミックス

f:id:melkr17:20170527012654j:image

ACTION COMICS VOL. 1: PATH OF DOOM | DC

登場は957号から刊行中。メトロポリスやヒーローとしてのスーパーマンを主軸にしている印象。なのでジョンの登場は多いが傍観者ポジションが多い。

ロイス&クラークの後、ハミルトンに引っ越しに来たところから始まるのでリバース後一番早く起こった展開かもしれない。ワンダーウーマンとジョンが初めて会ったのもおそらくAC誌1巻。

最近は誌内イベント『リベンジ』が始まっているが、ロイス&クラーク誌やスーパーマン誌、トリニティ誌の以前の展開の続きにあたる話になりそうな予感。

 

・スーパーマン

f:id:melkr17:20170527011516j:image

 SUPERMAN: REBIRTH #1 | DC

刊行中。今の所ハミルトンの地でのスーパーマン一家の話やジョンのヒーローとしての成長が主軸の様子。

ハミルトンに来てからはスミスと名乗っていることがわかる。ジョンの謎、ハミルトンの謎を追っている。

先日のアクションコミックス誌との共同イベント『リボーン』後はケント姓を名乗り、スーパーマン誌内イベント『ブラック ダウン』後にはメトロポリスに戻りそう。

まだバットマンを怖がってる頃のジョンが見れる。貴重。

 

・トリニティ

f:id:melkr17:20170527013453j:image

 TRINITY VOL. 1: BETTER TOGETHER | DC

 トリニティの1巻に登場。刊行中で2巻以降の登場がどうなるか未把握。

トリニティの3人がメインなのでジョンの出番は多くない。すよすよ。

 

・スーパーサンズ

f:id:melkr17:20170527014047j:image

SUPER SONS #1 | DC

刊行中。ジョンとダミアンのチームアップシリーズなのでほぼ毎話ジョンが登場するはず。2人の子供らしいやり取りが魅力。

1巻ではおそらくvsキッドアマゾ編がまとまると思われる。

 

ジャスティスリーグ

f:id:melkr17:20170527022524j:image

JUSTICE LEAGUE VOL. 1: THE EXTINCTION MACHINE | DC

 刊行中。1巻にはジョンが登場。2巻以降は未把握。

ジャスティスリーグが中心なのでジョンの出番はあまりない。1巻ではジャスティスリーグ、というかバットマン+αがケント家に行くのでその際に登場。野外にも関わらず急にバットマンにクッキーをあげようとするジョンが見れる。クッキーがどこから来たのかは謎。

6/8追記 22話にジョンが登場。JLの甥っ子状態。

 

6/8追記

・DCリバース ホリディ スペシャ

f:id:melkr17:20170608204622j:image

DC REBIRTH HOLIDAY SPECIAL #1 | DC

・基本はハーレイ視点でその間に短編が数話収録されている。クリスマスにホワイト家に訪ねてくるウェイン親子の話とクリスマスのスミス一家とクリプトの話の計2話に登場。

 

 

MOON GIRL AND DEVIL DINOSAUR vol2 COSMIC COOTIES

ムーンガールことルネラちゃんとみんな大好き恐竜のデビルダイナソーのバディ?物の2巻目。

 

Moon Girl and Devil Dinosaur Vol. 2: Cosmic Cooties

Moon Girl and Devil Dinosaur Vol. 2: Cosmic Cooties

  • 作者: Amy Reeder,Brandon Montclare,Marco Failla,Natacha Bustos
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

一巻では天才的頭脳で自分がインヒューマンの血筋だと知った小学生のルネラが紆余曲折経て街へやって来たデビルダイナソーと共にインヒューマン能力を得ないようにテリジョンミスト対策をしようとするも間に合わず繭になってしまう、というところまで。

f:id:melkr17:20170304235004j:imagef:id:melkr17:20170304235010j:imagef:id:melkr17:20170304235016j:image

 2巻ではついにその繭が割れルネラが復活。

f:id:melkr17:20170304235433j:imagef:id:melkr17:20170304235437j:image

しかしテリジョンミストのせいで得たはずのインヒューマン能力がルネラ自身には何かわからない。

さらに休みの日は家から一歩も出たくない系クリー人の男の子メル-ヴァラ(Mel-Varr)がゴリゴリの軍人家系で育ったゴリゴリの軍人の父親を見返すためにインヒューマン討伐を決意。

f:id:melkr17:20170305000741j:image

でも一番弱いインヒューマンで......と調べた結果標的はルネラに。キャプテンクリーと名乗り地球へ到着したメルは地球人マーヴィン・エリスとして同じ小学校に転校して動向を探ることに。(後にキッドクリーの呼び名が定着。)

f:id:melkr17:20170305001948j:imagef:id:melkr17:20170305000825j:image

そんなことは一向に気にしていないルネラはムーンガールとしてヒーロー活動を続け、ついにインヒューマン能力が判明。それはデビルダイナソーと精神が入れ替わることだった。

↓こっちがルネラ

f:id:melkr17:20170305001247j:image

↓こっちがデビルダイナソー

f:id:melkr17:20170305001304j:image

この変な能力でムーンガールはキッドクリーと戦えるのか?法則性がわからない急な精神交換を繰り返しながら小学校生活を無事乗り切れるのか?甘酸っぱくほろ苦い小学生ヒーローの活躍に、読んだらレゴで遊びたくなること間違いなし!レゴはすごい!

f:id:melkr17:20170305004345j:image

 

 【個人的に気になったどうでもいいこといくつか】

・1巻に比べルネラとデビルダイナソーの仲がすごく良くなった気がする。ままならなさ故にまだまだ文句を言ったりする事もあるけれどバディとして成長して来てる感じがとても良いなぁ。

f:id:melkr17:20170305002837j:image

・カマラのゲスト回が1話

f:id:melkr17:20170305003037j:image

まだ高校生で最近までヒーローに憧れる側だったカマラが、さらに年下でヒーローとして未熟なルネラから憧れの先輩として見られているのが非常に印象的。カマラは憧れる側から憧れられる側へ行ったんだなぁということがよくわかる。個人誌ではそれで苦労することが多いけどこうやって若手ヒーローに見られる姿というのは救われる。

f:id:melkr17:20170305003353j:image

さらに古いアベンジャーズの通信機を貰ったルネラの嬉しそうな顏!天才のルネラにとってトニーはまさに憧れなんだろうなぁ。

f:id:melkr17:20170305003620j:image

・1巻に引き続き登場のアマチョ君。

ルネラにとって身近な先輩ポジは巻にも引き継がれていきそう。その内天才というアイデンティティがなかったことにされるんじゃないか若干心配......。

f:id:melkr17:20170305003752j:image

 

 

 

Ms.MARVEL vol.6 CIVIL WARⅡ

カマラちゃんの個人誌6巻。シヴィルウォー2の裏でカマラに何が起きていたのかのお話。

 

 

Ms. Marvel Vol. 6: Civil War II (Ms Marvel)

Ms. Marvel Vol. 6: Civil War II (Ms Marvel)

 

 

シヴィルウォー2の裏でカマラちゃんが立ち向かうもの......

それは3州合同ウルトラメガサイエンスフェアだ...!

f:id:melkr17:20170107234320j:image

ニュージャージーの科学オタクとして参戦するブルーノ率いるカマラと愉快な仲間たちに対し、マイルズ率いるニューヨーク科学オタクが立ち向かう!

f:id:melkr17:20170107234800j:imagef:id:melkr17:20170107234804j:image

果たしてカマラはマイルズに正体がバレることなく無事に過ごせるのか?そしてサムの登場シーンはあるのか?

 

そんなゴタゴタ日常の中でユリシーズが...?というのが6巻のメインストーリー。

f:id:melkr17:20170107235428j:image

 憧れのヒーロー、キャプテンマーベルことキャロルに協力を頼まれたカマラは大喜び。

しかしこれが文字通りThis is going to change everythingな事態になるとは......

f:id:melkr17:20170108003337j:image

さて協力を依頼された内容とはユリシーズの予言によって犯罪を未然に防ぐチーム、カデッツ(Cadets)と共に働くことだった!

f:id:melkr17:20170108003800j:image

ユリシーズの予言通りにカナダ忍者ハイジンクスを捕まえたりと活躍する一行だが、ハイジンクスや友人チェシャ(タイエシャ?tyesha)からこのやり方はうまくいかないと警告を受ける。

f:id:melkr17:20170108004209j:image

そんな中もキャロルの正義を信じ行動するカマラにユリシーズから高校の爆破犯の予言が!カマラが向かった先にいた犯人予定者とは......

f:id:melkr17:20170108005846j:image

カマラは町のヒーローとしてニュージャージーを守護できるのか。終末の日、ヒーローを張ることを選んだカマラの一つの終着点であり、カマラとミズマーベルどちらにとっても地盤が揺らぐ、大いなる変化の1冊。

 f:id:melkr17:20170108012450j:imagef:id:melkr17:20170108010823j:image

 

【個人的に気になったどうでもいいこといくつか】

・今回カマラの身につけているバングル歴史が明らかに。

f:id:melkr17:20170108010847j:image

カマラのひいお婆ちゃんはインドの独立が発端になったイスラム教徒とヒンズー教徒の争いから逃れるように1947年にムンバイからカラチへ移動をしたらしい。

f:id:melkr17:20170108011612p:imagef:id:melkr17:20170108014805j:image

1947年までインドのムンバイで暮らし、以降ひいお婆ちゃん、お婆ちゃん、母親までパキスタンのカラチで過ごし、アメリカのニュージャージーへ越して来たようだ。

そしてカマラのインヒューマンの血筋はひいお婆ちゃんからの脈々とした女性由来の様子

 

・ブルーノとカマラの出会いが明らかに。ブルーノの家庭環境がやばい......

 そして仲良くなるきっかけになったトゥイーンミュータント侍タートルズは偉大

f:id:melkr17:20170108012224j:image

 

・カマラの友人ゾーイ、終末の告白以来ずっと好きなんだけどさらに好きになってしまった......。

f:id:melkr17:20170108012435j:image

 

・シヴィルウォー2の結果傷心旅行で里帰りした12話をカマラ誌では新アーティスト、MARKA ANDOLFOが担当。他のコミックスだとDCのボムシェルのアーティストの方。続く13話も担当なので7巻のメインアーティストなのかな?

f:id:melkr17:20170108012622j:image 

まぁ描くカマラの可愛いこと美人なこと

f:id:melkr17:20170108013426j:imagef:id:melkr17:20170108013433j:imagef:id:melkr17:20170108013443j:imagef:id:melkr17:20170108013447j:image

また今回だけであろうミズマーベルカラチバージョンやご当地ヒーローレッドダガー登場。爽やかイケメンヒーローとかすごい好きまた出て......。

f:id:melkr17:20170108013614j:imagef:id:melkr17:20170108013618j:image

Superman: Action Comics Vol.8 TRUTH

N52のスーパーマン:アクションコミックス8巻。

 

Superman: Action Comics Vol. 8: Truth

Superman: Action Comics Vol. 8: Truth

 

 

 

 前の7巻において力を喪失したスーパーマンことクラーク・ケントは、そのアイデンティティがバレたために銀行口座が凍結され、仕事も解雇されるといった散々な状況に。

 さらにこの巻ではスーパーマン活動で与えた被害に対して法的責任を問われたり、孤独の要塞に拒否されて入場拒否どころかスーツを没収されてしまったりと悉くNOを突きつけられます。彼に残されたものはマントのわずかな切れ端のみ。

f:id:melkr17:20170104010633j:imagef:id:melkr17:20170104010637j:image

 

 慣れない気温や移動手段、弱ったスーパーマンを倒したがる不良の喧嘩などに対応しつつも、空腹という状態の偉大さを知ったりと一般人の状況も楽しみだしたクラークが帰ってきたメトロポリスで待っていたものは社会的に排斥を受ける状態になっているスーパーマンの状況をよしと思わない人々によるスーパーマン擁護運動だった!

f:id:melkr17:20170104012035j:image

 

 彼らが警察によって強制的に排除されようという裏で暗躍する存在に対し、力無きスーパーマンは太刀打ちできるのか。そしてメトロポリスを守れるのか。

f:id:melkr17:20170104012425j:imagef:id:melkr17:20170104013745j:image

 

 力を失って、守護した町やクリプトン星の技術から拒否されてもなおスーパーマンを続けるクラークの心の強さと孤独を描いた良書です。

 

【個人的に気になったどうでもいいこといくつか】

 トウモロコシを食べるクラークすごい好き

f:id:melkr17:20170104015900j:image

 コンちゃんだー!やったー!

f:id:melkr17:20170104015903j:image

 みぞぐちさんなる警察官がいて何度も名前が出てきたんだけど、みぞぐちさんといえば蝙蝠の街の学校に通う兄妹もそうだったような......。関係ないと思うけど父親に関する言及あったかしら......

f:id:melkr17:20170104015905j:image