読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメコミ読書録

読んだアメコミの感想等徒然に

MOON GIRL AND DEVIL DINOSAUR vol2 COSMIC COOTIES

ムーンガールことルネラちゃんとみんな大好き恐竜のデビルダイナソーのバディ?物の2巻目。

 

Moon Girl and Devil Dinosaur Vol. 2: Cosmic Cooties

Moon Girl and Devil Dinosaur Vol. 2: Cosmic Cooties

  • 作者: Amy Reeder,Brandon Montclare,Marco Failla,Natacha Bustos
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

一巻では天才的頭脳で自分がインヒューマンの血筋だと知った小学生のルネラが紆余曲折経て街へやって来たデビルダイナソーと共にインヒューマン能力を得ないようにテリジョンミスト対策をしようとするも間に合わず繭になってしまう、というところまで。

f:id:melkr17:20170304235004j:imagef:id:melkr17:20170304235010j:imagef:id:melkr17:20170304235016j:image

 2巻ではついにその繭が割れルネラが復活。

f:id:melkr17:20170304235433j:imagef:id:melkr17:20170304235437j:image

しかしテリジョンミストのせいで得たはずのインヒューマン能力がルネラ自身には何かわからない。

さらに休みの日は家から一歩も出たくない系クリー人の男の子メル-ヴァラ(Mel-Varr)がゴリゴリの軍人家系で育ったゴリゴリの軍人の父親を見返すためにインヒューマン討伐を決意。

f:id:melkr17:20170305000741j:image

でも一番弱いインヒューマンで......と調べた結果標的はルネラに。キャプテンクリーと名乗り地球へ到着したメルは地球人マーヴィン・エリスとして同じ小学校に転校して動向を探ることに。(後にキッドクリーの呼び名が定着。)

f:id:melkr17:20170305001948j:imagef:id:melkr17:20170305000825j:image

そんなことは一向に気にしていないルネラはムーンガールとしてヒーロー活動を続け、ついにインヒューマン能力が判明。それはデビルダイナソーと精神が入れ替わることだった。

↓こっちがルネラ

f:id:melkr17:20170305001247j:image

↓こっちがデビルダイナソー

f:id:melkr17:20170305001304j:image

この変な能力でムーンガールはキッドクリーと戦えるのか?法則性がわからない急な精神交換を繰り返しながら小学校生活を無事乗り切れるのか?甘酸っぱくほろ苦い小学生ヒーローの活躍に、読んだらレゴで遊びたくなること間違いなし!レゴはすごい!

f:id:melkr17:20170305004345j:image

 

 【個人的に気になったどうでもいいこといくつか】

・1巻に比べルネラとデビルダイナソーの仲がすごく良くなった気がする。ままならなさ故にまだまだ文句を言ったりする事もあるけれどバディとして成長して来てる感じがとても良いなぁ。

f:id:melkr17:20170305002837j:image

・カマラのゲスト回が1話

f:id:melkr17:20170305003037j:image

まだ高校生で最近までヒーローに憧れる側だったカマラが、さらに年下でヒーローとして未熟なルネラから憧れの先輩として見られているのが非常に印象的。カマラは憧れる側から憧れられる側へ行ったんだなぁということがよくわかる。個人誌ではそれで苦労することが多いけどこうやって若手ヒーローに見られる姿というのは救われる。

f:id:melkr17:20170305003353j:image

さらに古いアベンジャーズの通信機を貰ったルネラの嬉しそうな顏!天才のルネラにとってトニーはまさに憧れなんだろうなぁ。

f:id:melkr17:20170305003620j:image

・1巻に引き続き登場のアマチョ君。

ルネラにとって身近な先輩ポジは巻にも引き継がれていきそう。その内天才というアイデンティティがなかったことにされるんじゃないか若干心配......。

f:id:melkr17:20170305003752j:image